住宅ローン キャッシング 内緒

将来の住宅ローンの審査のためにキャッシングしない

 

老後までの返済を家族に内緒でキャッシングをして乗り切るということの意義について考えてみたいと思います。

 

住宅ローンというのはキャッシングに比べてはるかに金利が低いので、「損をするだけだ」と考える人も多いでしょう。

 

しかし、実はこれが正解の選択肢であるパターンもあります。

 

住宅ローンの返済というのは、通常の借入に比べてはるかに優先度が高いものです。

 

なぜなら、通常の融資では1回や2回延滞をしても、個人信用情報に傷はつきますが、遅延損害金がかかってくるだけで周囲には内緒で人生が大きく狂わせられるようなことはありません。

 

3ヶ月以上の長期延滞をして契約を解除されれば残高を一括請求されてしまいますが、まだ任意整理という手段が残っています。

 

しかし住宅ローンでは土地と家に抵当権を設定しているので、長期延滞をするとマイホームが差押えられ、やがては強制売却されてしまいます。

 

毎月の住宅ローンの返済が間に合わずキャッシング

通常の契約ならば任意整理で解決できることも多いですが、住宅ローンをキャッシングと同時に任意整理すると高い確率で抵当権が実行されてしまうのでできないケースが多いです。

 

そして結論として、マイホームを失いたくないならば住宅ローンの返済は絶対に長期延滞をしてはいけない(もちろん1回の延滞もしないことが理想)ということになります。

 

住宅ローンの返済を滞納した後の流れですが、2ヶ月以内ならば遅延損害金がかかってきたり、個人信用情報に延滞情報が載ってしまうというデメリットはありますが、まだ違反の度合いは内緒で重大ではないので、契約を強制解除されるようなことはありません。

 

しかし、ここで滞納が3ヶ月以上続くと、重大な契約違反となり、電話確認なしで金融機関の判断でいつでも契約を強制解除され、残高を一括請求されてしまいます。

 

通常は保証会社がついていますので、保証会社が債務者のかわりに一括返済をし、その後は保証会社に対して立て替えてもらった負債の残高を一括返済する義務が生じます。

 

家族に内緒ではなく住宅ローンも含めて話し合う

ここで、「なぜ一括返済でなければならないの?」と疑問に思う人もいるでしょう。

 

これが実は、キャッシングを長期延滞をした場合など、重大な違反行為をしてしまった場合には期限の利益を失います。

 

つまりは、それ以後は分割払いで借金を返済していくということができなくなるため、原則として一括で返済しなければならなくなるのです。

 

3ヶ月以上の滞納をして期限の利益を失ってしまうと、たとえその直後にボーナスが出て、返済をしていける状態に戻ったとしても、もう手遅れなのです。

 

その後は原則として、負債残高を一括返済するしかマイホームを失わずにすむ方法はありません(場合によっては個人再生で解決できる場合もあるので諦めずに弁護士に相談をしてみましょう)。

 

金利の低い住宅ローンを返済するために金利の高いところを利用するなど、本末転倒のように思えますが、実は住宅ローンの返済に困ったら家族に内緒でキャッシングをして乗り切るというのは意味のある行為です。

 

キャッシング電話確認なし内緒

楽天キャッシングの電話確認なし

パチンコで負けを内緒

プロミスの電話の内容

セゾンで増額の際の電話