キャッシング 電話確認なし

会社への電話確認なしでのキャッシングが本当にできるのは?

まず、内緒にしたい際の電話確認なしの「キャッシング」という言葉が指すものについて紹介します。

 

キャッシングとは、一般的には「消費者金融などをしてお金を借りる事」として認知されているものですが、この言葉が指すものとしては「借りたお金を一括で返済するもの」になります。

 

例えば、家族に秘密で消費者金融を利用して電話確認なしでお金を借りたとして、そのお金を「翌月、一括で返済する」という場合には「キャッシング」という表現が当てはまります。

 

しかし、現状では多くの選択が分割での返済方式を採用しているため、ここでの返済は数回以上の回数で行われることになります。

 

これが一括では無い返済方法の時には、内緒の電話があるかないかではなく厳密には「カードローン」という名称を使うことが適切です。

 

無職で電話確認ができないとキャッシングは不可能なのか

カードローンは、前述したキャッシングと同じように、一般的には消費者金融などからお金を借りる事を指しています。

 

どちらも「お金を借りる」という点では共通していますが、カードローンの場合は「分割での返済を前提としているもの」である為、キャッシングとは明確に区別されてしかるべきものと言えます。

 

しかし、現状ではカードローン・キャッシングのそれぞれが混同した形で用いられることがほとんどである為、特別家族に内緒にしたいからといって意識する必要はないと言っても良いでしょう。

 

実際に多くの消費者金融が、本来はカードローンの仕組みを採用していながらキャッシングという別の名称を用いてきました。

 

その為、一般の方からしても内緒で非常に分かり辛いものとなってしまっていました。

 

しかし、最近では消費者金融側もそれぞれの名称を正確に区別するような風潮が強まってきていることもあってか、多くの消費者金融がキャッシングからカードローンへと名称を変更し始めています。

 

多くの消費者金融がカードローンという名称で電話確認なし商品を販売し、多くの人がその商品を利用しています。

 

ですが、過去にサラ金と呼ばれていた商品の名称がカードローンになったことに対して疑問を持つことは少なく、「同じもの」として考えていることが多くあります。

 

事実、具体的にどこが変わったという事では無く、単に名称が変更されているだけなので利用者からすると全く問題はないものではありますが、中には「それぞれを正確に区別した商品を取り扱っている消費者金融など」もある為、出来ることならば「表現を理解したうえで商品選択をする」という事が大切になります。

 

電話確認によってキャッシングが会社にばれたくない

タイトルにあるように、これらの商品を利用する為には「電話連絡」があることが多いです。

 

電話連絡によって本人確認や勤務先などの申告内容を裏付けることになる為、中々「電話確認なし」で利用出来るキャッシングの商品は少ない状況です。

 

しかし、消費者金融や銀行の一部では、「電話確認なし」、もしくは「一部の電話確認なし」で契約できるものも増えてきているため、どうしても電話による照会に内緒にしたいため抵抗があるという人でも利用しやすい状況になって来ています。

 

電話確認なしで契約する場合、通常よりも多くの書類の提出が必要になるなどの手間がキャッシングでもかかります。

 

電話確認なしで契約する以上、書類などの提出を証拠としては、本人確認や在籍確認を行うことになる為、通常では不要になることも多い「所得証明」や「保険証」の提出などが必要になってきます。

 

また、キャッシングは書類の提出だけでなく電話なしとはいえ「特定の金融機関」を使って取引を行うことが必要になる状態もあります。

 

金融機関を限定することにより、「口座開設時に確認する書類やハンコなど」を証拠として用いることが出来るようになるという理由もあります。

 

キャッシングの大きな特徴として、「無担保・保証人なし」で内緒に契約することが出来るというものがあります。

 

最近は銀行でも同様の商品を取り扱うようになって来ていますが、以前は銀行からお金を借りるお客様には、秘密にしたい方にも電話だけでなく様々な書類の提出や審査などがありました。

 

銀行を利用すると年収以上のお金を借りる事も可能であるものの、その為に行われる審査が消費者金融よりも格段に難しいものとなる点がネックになっていました。

 

しかし、最近では銀行でもキャッシングやカードローンを取り扱うようになり、電話なしでも審査の基準も消費者金融並みのものとなっていることもあって利用者は急増しています。

 

家族にも秘密にしたい主婦によるキャッシングも増加

銀行などが取り扱っているものに関しても、キャッシングやカードローンを正確な意味で区別して考えることが大切です。

 

もし、秘密にすることを目的としていても知識が無い状態で契約する状況であっても銀行ならば詳細な説明を受けることも可能ですが、消費者金融の時には簡単な説明になってしまうこともある為に注意しておく必要があります。

 

秘密にしたい方が電話確認なしでキャッシングを利用する為には、「電話確認なし」で審査を行っている消費者金融や銀行を探すことから始まります。

 

「電話確認なし」というと、以前は違法な業者などの代名詞に近い認識もありましたが、最近ではまともな金融機関でも電話確認無しでの契約に対応するようになって来ているため、選択肢は増えてきています。

 

例えば、大手消費者金融の中にも電話確認なしで契約できる内緒のプランがあります。

 

そのキャッシングを例として流れを紹介していきます。

 

まず、電話確認なしでキャッシング契約を行う為に「WEB完結」が可能なキャッシングを利用します。

 

名称に関しては各社ごとに違いがありますが、WEB完結という名称を採用しているところが多いです。

 

この言葉の意味は、「WEB上の操作ややり取りだけで申し込みから契約までを行うことが出来るサービス」です。

 

一般的に採用されているインターネット申込の場合、申し込みから契約までを行うことが出来るものもありますが、どこかのタイミングで電話によって本人確認や在籍確認が行われることになる為、完全にWEB上で手続きが完了する訳では無いので注意が必要です。

 

しかし、WEB完結を採用しているキャッシングの時には、一切の電話確認なしで契約まで内緒で完了させることが出来るため「完結」という表現になっている訳です。

 

WEB完結だけでのキャッシングに必要な書類

WEB完結を行っているキャッシングの公式ホームページから、「WEB完結申込」を選択して審査に必要な情報の入力を行っていきます。

 

WEB完結という性質上、パソコンやスマートフォン限定のサービスとなっているプランがほとんどである為、利用する為には該当の端末から手続きを行う必要があります。

 

審査に必要な情報を登録すると、その情報を基に審査が開始されます。

 

一般的な方法でキャッシング審査を申し込むと、必要事項を入力した後にキャッシング会社から内緒で電話がかかってくることになります。

 

その連絡で本人確認などが行われ、その後、審査と並行して勤務先に電話確認が行われることになります。

 

しかし、WEB完結の場合には本人確認として「顔写真入りの証明書」を提出することにより、申込者が本人であることのチェックとすることになります。

 

書類の提出だけで本人確認が行われることになる為、必ず「顔写真入り」である必要があります。

 

運転免許証やパスポートなどが主な書類ですが、キャッシングも今後はマイナンバーなどでも照会が行えるようになっていきます。

 

また、勤務先の電話確認なしとして、直近数か月分の給与明細や源泉徴収票、確定申告で使用した書類、社会保険証などがキャッシングでは必要になります。

 

社会保険証があれば電話確認なしもできる

国民保険証の場合、基本的には誰でも持っているものとして捉えられることになってしまうため、キャッシングのときに勤務先の確認書類として用いることが出来なくなります。

 

キャッシングでは社会保険証や組合保健所と言った保険証の場合、保険証自体には勤務先名などが記載されているので勤務先確認として活用することが出来ます。

 

保険証などで勤務先を電話確認し、提出された給与明細などから申告した年収の真偽が判断されます。

 

提出するのが源泉徴収票などの場合、年収の証明としての価値はあるものの「現状の収入」を証明する書類としては効果が薄くなってしまうため、同時に直近の給与明細の提出が必要となる可能性もあります。

 

夫に秘密で、これらを提出する方法として、以前は電話だけでなく郵送やFAXが使われていましたが、メガバンク系では最近では消費者金融の会社独自のアプリを使って画像データとしてアップロードする方法が主流となって来ています。

 

スマートフォンなどで写真を撮り、その画像をアプリからアップロードするだけで済むので便利ですが、どうしても内緒かどうか不安が残るという場合には電話ではなくFAXなどを使って提出することも可能です。

 

ただし、その場合には即日での契約が利用できなくなる可能性もあるので、キャッシングには注意が必要です。

 

電話確認なしのWEB完結で審査に落ちてしまうとき

必要な書類の提出が完了すると審査が始まります。

 

審査中は特にやることはありませんが、提出した書類に不備があったり、キャッシングの際に申告した内容が不十分であったケースなどにはWEB完結であっても電話による照会が行われる可能性があります。

 

本人確認などであればまだしも、ネックとなる数秒の電話確認が行われることになる時にはWEB完結のメリットが薄くなってしまうため、電話はなくても提出書類などはしっかりとみきわめをすることが大切です。

 

その後、審査結果が電話ではなく内緒のようにメールで通知され、契約可能となればWEB上で残りの手続きを進めてパスをすれば受けるという流れになります。

 

WEB完結の場合、融資は基本的に銀行振り込みによって行われることになる為、即日のキャッシングを希望するお客様には時間帯などを意識することが必要です。

 

休日や遅い時間の利用の場合、即日融資を受けることが出来ない可能性が高くなるため、どうしても今すぐというスピードにこだわる時には途中で連絡をし、自動契約機などを利用してカードを発行するという方法に移行することで対応することが出来ます。

 

電話確認なしでキャッシングを利用する方法は便利ですが、通常よりも多くの制約の中で申し込みを行うことになる為、特に緊急性の高い状況にはしっかりと内容をチェックしたうえで申し込むことが大切です。

 

住宅ローンの審査に響かない内緒のキャッシング

楽天は電話確認なしでキャッシングができる?

パチンコで負けたことを隠す内緒でキャッシング

プロミスでキャッシングをする際の電話の内容は?

セゾンのキャッシングや増額で電話があるか?